「古事記」「日本書紀」「万葉集」と宇陀市 第3回

Featured Video Play Icon
  • 特別企画番組
  • 上の画像をクリックすると動画が再生されます

万葉集と宇陀といえば、まず頭に浮かぶのは柿本人麻呂が詠まれた「東の 野に炎の立つ見えて かへり見すれば月傾きぬ」ではないでしょうか。この短歌が詠まれた時の背景に少しふれてみる事にいたします。

「古事記」「日本書紀」「万葉集」と宇陀市 第3回

場所
桜井市忍坂 忍坂坐生根神社 ほか
ナレーター
稗田睦子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

番組(月別)

番組(ジャンル別)

ページ上部へ戻る